クレアでチャットレディをする

携帯・スマホ向けライブチャットで稼ぎやすいと口コミで評判がいいのがクレアです。報酬は音声通話50円など普通ですが、ある程度稼ぐと60円に上がったりします。男性通話半額イベントなどもあり、この際は女性のポイントが下がる事がないので、必ず参加しておきましょう。普段とはコール数が違います。ポイントが当たるくじ引きもあり、ログインだけでもちょっと稼げます。

チャットはエロチャットのような1対1のものだけでなく、グループチャットとよばれる複数人同時に会話することも可能です。同じ画面にメッセージが表示され、メッセージのそばにメッセージを送信した人のニックネームが表示されるようになっています。友達同士でも可能ですし、それ以外にもチャット専用のサービスを提供しているサイトでもグループチャットを楽しむことができます。チャットを出会い系として使ってる人たちも多く、ネット上ではチャットアプリ専用の出会い掲示板もたくさん立てられています。ただ、実際に出会う目的よりは、ちょっと暇つぶしにチャットでおしゃべりがしたい人たちが大半なので実際会うことはあまり期待できません。

男性向けチャットレディ

ネットの広告などで「在宅勤務で好きな時間に働けて高収入」という文句でチャットレディを募集している事が多いですが、これは基本的に女性用しかないと思っていませんか?また女性はちょっと裸になってエロい事をしたら金になるのでうらやましいと思っていませんか?しかし現在では男性向けのチャットボーイなるものが募集しているサイトもあります。当然女性と労働条件は近く、好きなだけ自由で言ってOKなのです。しかし男性のチャットボーイに対して誰がお客として着くのでしょうか?基本的にお客になるのはお金を持っている熟女かゲイだけになります。若くてかわいい女の子がお金を使ってチャットをしてはくれません。当然熟女とかと話して住むだけではありません。カメラの前でオナニーを強要されます。当然仕事ですから断る事は出来ませんし、喜んでしなければいけません。熟女やゲイからこういうポーズでオナニーをしろと言われたり、フェラ顔をしろと言われたり、当然ケツの穴を見せろと言われれば見せなければいけません。普通の男性ではいくらお金の為とはいえ、屈辱に耐えられないと思う人の方が多いと思います。一度性産業で働く女性と同じ事をしてどういう気持ちで行っているのか知ってみると言うのも一つの勉強だと思います。

主婦のチャットレディ体験

38歳、専業主婦、3歳になる子供がいます。うちの町内ではご近所ママさんたちの結束が強くて、それぞれの家のことで知らないことはないんじゃないかと思うくらいツーツーなんです。プライバシーなんてありませんよ。覗きというか、監視されているようなものです。ゴミの分別を間違えようものなら、ずっとチクチク言われますからね。日々の生活に安穏はありません。どこかへ出かけるにしてもいちいち聞かれますよ。それに疲れて、公園とスーパー以外は極力表へでなくなりましたね。家の中に閉じ込っているのも良くないと思っていますが。新しいスマホを買ったばかりでいじっていると時間を忘れます。最近知ったのがライブチャットというアプリ。インストールして簡単な作業をしたらチャットレディとして登録になります。たまたま発見した機能ですが。私は顔は出していませんが、胸から下はうつるようにして会話しています。ご近所さんへの不満、愚痴、ストレスのはけ口にしていますね。いつも相手は違うのですが、大学生くらいの男の子を選んでいます。男の子と会話をしながらエッチなのを見せつつ、お金がもらえるなんて楽ですね。

チャットレディで高収入を上げる

チャットレディが高収入を上げるのには常連客が必要で、この常連客が多ければ多いほど収入が上がっていきます。では常連になってもらえるようにするにはどうすればいいでしょうか?幾らアダルトチャットだからといってすぐに脱いでオナニーをしているぐらいでは常連になってくれません。男性はそこでスッキリしたら賢者タイムに入るのでいつも以上にチャトレの対応などを見ています。また顔が可愛い方が常連になるんでしょ?とかおっぱいが大きかったらいいんでしょ?という短絡的なものの考え方では常連は捕まえられません。もし顔が可愛いからといってやる気がないチャットレディやおっぱいが大きいからって揺らしてばっかりでは誰も次にログインしようと思わないです。一番考えなければならないのは男性が喜んで気分よくなってもらえる態度です。当然挨拶とお礼はちゃんとする事と、愛想よくする事ももちろん含まれます。相手の会話からリードしたい方か、リードされたい方かを見極めるのも必要でしょう。また一度チャットに入った男性がもう一度別の日に入ってきた時に相手の事と会話の内容を覚えていたら、多分その男性は常連になるでしょう。一番は愛想と接客態度です。